Past event…

Event Ended

ソシラボ

Startup Weekend  Sendai  


今年もGlobal Startup Battleの時期がやってまいりました。
新しいアイディアをピッチしたい方、ぜひこのイベントで仲間を見つけて、起業への1歩を踏み出してください!



StartupWeekendとは




StartupWeekendは、金曜日の夜から日曜日にかけて54時間で起業にチームでチャレンジするイベントです。

対象はいつかなにかで起業したいと考えている会社員の方やフリーランスの方やすでに起業しているけどもう一度スタートアップしてみたいなと思っている方、企業モデルの作り方がわからない方です。

StartupWeekendは個人でもチームでも参加できます。個人で参加した場合でも他の個人で参加した人たちとチームを作り進めていきます。また初心者の方でもメンターの方が指導をしてくれるので安心して参加できます。

参加料金はお一人様7500円(当日払いは8500円)となっていますが、宿泊なし7食分(パーティー代含む)の金額になっているので、とてもお得です。StartupWeekendに参加することで得られるものは以下になります。

    参加することで得られるもの
  • 起業をするうえで重要なビジネスやサービス、製品企画の作り方を疑似体験を通して学べます。
  • 参加者やメンター(指導員)と起業ノウハウを共有できます。
  • StartupWeekendを通じて起業に興味がある方とのコネクションが得られます。

当日に発表されたアイデアを元にチームが決まります。3日間の流れは以下の通りです。

1日目は、チーム構築です。
まず、金曜日の夜はピザとビールで乾杯します。
そしてちょっとしたシュミレーションゲームを行い、その後1分ずつ自分のアイディアを希望者が発表します(Pitch)
その発表にみんなで投票し、上位のいくつかのアイディアを採用、そのアイディアを叶えたい人々が集まりチームを作ります。

2日目、3日目は、ビジネスの構築です。
アイディアを煮詰め、MVP※(minimal viable product)と呼ばれるビジネスの最小単位を作り、プレゼンの準備をします。
メンターと呼ばれる相談役がいて、煮詰まった時には相談ができます。

3日目の17時からはプレゼン&審査です。
優勝チームが決まった後、ジャッジも一緒に一番盛り上がるパーティが行われます。



※MVPとは?

過去に参加した方のブログ

StartupWeekend Kyoto の体験を時系列で内容も書いちゃうよ! | つるのねた帳
http://tsuruneta.jp/startupweekend-kyoto-201208/
まさに起業のプロセスを体験できるStartup Weekendの優れたフォーマット - jkondoのはてなブログ
http://jkondo.hatenablog.com/entry/2011/12/03/105147

Schedule

Friday

Nov 11
  • 受付開始
  • 懇親会(軽食付き)
  • Welcome & Speakers
  • ピッチスタート
  • 話し合い&投票
  • チーム作り&作業開始
  • 帰宅

Saturday

Nov 12
  • 2日目START & 朝食
  • チーム作業再開
  • 昼食
  • コーチ(メンター)のテーブル運用開始
  • 夕食
  • チーム作業再開(目標となるMVPを決定)
  • 帰宅

Sunday

Nov 13
  • 3日目START & 朝食
  • Call for help (this is self motivated, so don’t be shy)
  • 昼食
  • Coaches arrive… ASK QUESTIONS
  • Gut check. Start prepping for presentations
  • FINAL PRESENTATIONS
  • 授賞式(合同閉会式)
  • パーティー ( 真の学びの始まり)
  • 帰宅
協賛・後援
Judges

八子知礼

株式会社ウフル IoTイノベーションセンター所長兼 エグゼクティブコンサルタント   |  

松下電工(現パナソニック)、アーサーアンダーセン/ベリングポイント、デロイト トーマツ コンサルティング執行役員パートナー、シスココンサルティングサービスのシニアパートナーを経た後2016年4月より現職。通信/メディア/ハイテク業界中心のビジネスコンサルタントとして新規事業戦略立案、バリューチェーン再編等を多数経験。MCPC、ITスキル研究フォーラム、新世代M2Mコンソーシアムでの委員、理事などを歴任、現在はCUPA(クラウド利用促進機構)運営委員・アドバイザー、日本英語教育検定協会理事、mRuby普及促進協議会アドバイザーを務める。著書に「図解クラウド早わかり」「モバイルクラウド」(いずれも中経出版)がある。

伊藤利憲

仙台システムデザイン研究会 会長補佐 大学にてデザインを学んだ後、大手システムインテグレータに勤務し、主に電話交換機システムや電力通信網管理システム等の社会インフラ系開発に従事。その後、公的試験研究機関に勤務し、3Dプリンターを活用した新たなものづくりや、感性工学を基盤とするツール開発などを行う。様々なシステム関係、デザイン関係のコミュニティに参加する傍ら、自らも学生時代から様々なコミュニティを立ち上げ、地方からのビジネス発信に力を注ぐ。せんだいスクール・オブ・デザイン修了。

菅野 直

宮城県情報サービス産業協会 事業共創委員会 委員長

バイスリープロジェクツ株式会社
http://www.x3pro.co.jp/
を経営する傍ら、MISA(宮城県情報サービス産業協会)の事業共創委員会、委員長を努める。
自社および会員企業の数々の商品・サービスを見てきた経験から鋭い指摘が期待される。

Mentors

鈴木 達哉

ウェブオンライン代表、山形大学エンロールメント・マネジメント部講師   |  

◯ 鈴木 達哉
ウェブオンライン代表、山形大学エンロールメント・マネジメント部講師、山形県デジタルコンテンツ利用促進協議会理事、山形県まちづくりサポーター。
2004年頃からネット関係制作業を開始し、2007年4月ウェブオンラインの名称で事業を行う。様々な業種のインターネット活用をテーマに活動。

(スタートアップウィークエンドとわたし)
2012年11月9日(金)開催の第1回スタートアップウィークエンド仙台に参加し、スタートアップウィークエンドにハマる(笑)
以来、東北〜関東のスタートアップウィークエンドに参加し、現在は、スタートアップウィークエンド山形のファシリテーターの一人。
今回、スタートアップウィークエンド仙台のメンターとして、過去のスタートアップウィークエンドでの経験等をフル活用しますっ!

Facilitators

西村 治久

Startup Weekend Facilitator   |  

1971年生まれ。埼玉県出身。新潟県十日町市在住。
Startup Weekend Niigata 代表。全国・海外から1年で3千人が訪れた《住み開きの古民家「ギルドハウス十日町」》を設立。iPadひとつで全国を旅するノマドワーカー型Webプランナー。また、コワーキングスペース、シェアハウス、ゲストハウス等のプロデューサーとしても活動中。Startup Weekend Niigataのコミュニティから生まれたアプリ「まちかどギルド」CEO&Founder。Startup Weekend 信州(長野)では優勝を経験。
── 自分が《Startup Weekend》に取り組む理由。

Upcoming Events