Past event…

Event Ended

東北大学片平キャンパス エクステンション教育棟/地域イノベーション研究センター6F(セミナー室A/601)

StartupWeekendとは


StartupWeekendは、金曜日の夜から日曜日にかけて54時間で起業にチームでチャレンジするイベントです。

対象はいつかなにかで起業したいと考えている会社員の方やフリーランスの方やすでに起業しているけどもう一度スタートアップしてみたいなと思っている方、企業モデルの作り方がわからない方です。

StartupWeekendは個人でもチームでも参加できます。個人で参加した場合でも他の個人で参加した人たちとチームを作り進めていきます。また初心者の方でもメンターの方が指導をしてくれるので安心して参加できます。

参加料金はお一人様7500円(当日払いは8500円)となっていますが、宿泊なし7食分(パーティー代含む)の金額になっているので、とてもお得です。StartupWeekendに参加することで得られるものは以下になります。

    参加することで得られるもの
  • 起業をするうえで重要なビジネスやサービス、製品企画の作り方を疑似体験を通して学べます。
  • 参加者やメンター(指導員)と起業ノウハウを共有できます。
  • StartupWeekendを通じて起業に興味がある方とのコネクションが得られます。

当日に発表されたアイデアを元にチームが決まります。3日間の流れは以下の通りです。

1日目は、チーム構築です。
まず、金曜日の夜はピザとビールで乾杯します。
そしてちょっとしたシュミレーションゲームを行い、その後1分ずつ自分のアイディアを希望者が発表します(Pitch)
その発表にみんなで投票し、上位のいくつかのアイディアを採用、そのアイディアを叶えたい人々が集まりチームを作ります。

2日目、3日目は、ビジネスの構築です。
アイディアを煮詰め、MVP※(minimal viable product)と呼ばれるビジネスの最小単位を作り、プレゼンの準備をします。
メンターと呼ばれる相談役がいて、煮詰まった時には相談ができます。

3日目の17時からはプレゼン&審査です。
優勝チームが決まった後、ジャッジも一緒に一番盛り上がるパーティが行われます。

上位チームには世界への道が開けます!

今回のSWは世界規模で2週に渡り同時に開催されます。
また、グローバルスタートアップバトル(GSB)の予選を兼ねています。 GSB詳細はこちら(英語)

仙台は首都圏より参加者が少ないため上位を狙えるチャンスです!
参加をお考えの方、仙台に遊びに来ませんか?



第四回特典

今回、仙台開催では以下の特典をご用意しています。 迷っている方、是非この機会にご参加ください。 ご登録はこちら
  • 遠方割
  • GSB上位入賞を目指して仙台に来ませんか? 仙台ではまだまだ参加者が少ないためチーム数が少なく上位に食い込むことが可能です。 他に負けないくらい仙台にも優秀な技術者、デザイナーなどがいます。 他地域の方とコラボして新しい流れを作ってみたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。そこでわずかですが割引をご用意しました。交通費の足しにしていただけましたら幸いです。
    (JR区間180km以上を目安に5000円割引<先着10名様-Doorkeeper登録順>)
  • 学割
  • 学生さんからご要望が多かったので学割をご用意しました2000円引きの5500円でご参加いただけます。もちろん7食付きですから期間中はめいいっぱい楽しむことできます。 コワーキングパス 仙台市内のコワーキングスペースに2ヶ月間フリーで使用出来るパスを発行します。(参加コワーキングスペースは調整中のため当日発表します。)

参加賞は以下の通りです。

AWSさんから
$100相当分の使用権

Googleさんから
$300相当分のクラウドサービス使用権(60日間)



※MVPとは?

過去に参加した方のブログ

StartupWeekend Kyoto の体験を時系列で内容も書いちゃうよ! | つるのねた帳
http://tsuruneta.jp/startupweekend-kyoto-201208/
まさに起業のプロセスを体験できるStartup Weekendの優れたフォーマット - jkondoのはてなブログ
http://jkondo.hatenablog.com/entry/2011/12/03/105147

PS. Global Startup Battleの準備が始まりました。仙台も参加します。世界一になりませんか?調べてみてください。そして今回のイベントから実践で準備しましょう。
http://globalstartupbattle.org

Schedule

Friday

Nov 21
  • 受付開始
  • 懇親会(軽食付き)
  • Welcome & Speakers
  • ピッチスタート
  • 話し合い&投票
  • チーム作り&作業開始
  • 帰宅

Saturday

Nov 22
  • 2日目START & 朝食
  • チーム作業再開
  • 昼食
  • コーチ(メンター)のテーブル運用開始
  • 夕食
  • チーム作業再開(目標となるMVPを決定)
  • 帰宅

Sunday

Nov 23
  • 3日目START & 朝食
  • Call for help (this is self motivated, so don’t be shy)
  • 昼食
  • Coaches arrive… ASK QUESTIONS
  • Gut check. Start prepping for presentations
  • FINAL PRESENTATIONS
  • 授賞式(合同閉会式)
  • パーティー ( 真の学びの始まり)
  • 帰宅
協賛・後援
Judges

菅野 直

宮城県情報サービス産業協会 事業共創委員会 委員長

バイスリープロジェクツ株式会社
http://www.x3pro.co.jp/
を経営する傍ら、MISA(宮城県情報サービス産業協会)の事業共創委員会、委員長を努める。
自社および会員企業の数々の商品・サービスを見てきた経験から鋭い指摘が期待される。

吉政 忠志

吉政創成株式会社 代表取締役   |  

一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事
Rails技術者認定試験運営委員会 委員長
BOSS-CON JAPAN 理事長
日本のソフトウェア産業を世界に通用するソフトウェア産業に育てるためには教育とマーケティングの強化が必要と考え、Linux、XML、PHP、Ruby on Railsの認定試験を立ち上げ、マーケティングサービス会社である吉政創成株式会社とマーケティング支援団体BOSS-CON JAPANを立ち上げる。教育関係では文部科学省ITフロンティア教育推進委員や、受験者数5千名以上を輩出した民間IT認定試験を複数立ち上げたただ一人の日本人としての実績がある。

竹井 智宏

一般社団法人 MAKOTO 代表理事   |  

1974年生まれ。仙台のベンチャーキャピタルにて、ベンチャー企業への投資に従事していた際に東日本大震災が発生。その被災状況を見て使命感を感じ、被災地の起業家・経営者の支援を開始。2011年7月末、一般社団法人MAKOTOを設立し独立。日本青年会議所より「人間力大賞2012 復興創造特別賞」を受賞。米国カウフマン財団のカウフマンフェローとしても活動。
東北大学生命科学研究科博士課程卒。 東北大学特任准教授(客員)。

Mentors

小野寺力(おのでらちから)

エナジャイズ株式会社 代表取締役   |  

1976年3月生まれ。
仙台市立第一中学校、宮城県泉館山高校、東北福祉大学 社会福祉学部 社会教育学科を卒業した後に上京し、
株式会社サイバード、株式会社ライブドアなどで営業・プロデューサーとして勤務し、2009年にエナジャイズ株式会社を設立。
クラウドコンピューティングなどを活用したシステム設計・開発や、企業の新規事業企画コンサルティング、イベント企画運営などを行っている。
好きな言語はnode.js。好きなサービスはAWS S3。ライフワークは餃子と海外のボードゲーム。

小泉勝志郎

サンキュロットインフォ代表

東北文化学園大学非常勤講師
Code for Shiogama代表/東北デベロッパーズコミュニティ運営委員。
勉強会を中心にIT系イベントを月イチ以上のペースで開催している。
ITだけではなく震災復興や地域振興の活動やイベントも。
最近はユニークなイベントを多く主催。離島で行うハッカソン「島ソン」や、マンガとハッカソンの融合「マンガソン」と、他に類例がないイベントを企画。
また、東北ITニュースというUstream番組を通じて、東北のコミュニティの熱さを全国に広げるチャレンジ中!

Facilitators

DongYol Lee (予定調整中)

Startup Weekend Facilitator   |  

(現)日本NPO法人Startup Weekendの理事長
李氏は仕事熱心なエンジニアであり、東京を拠点としている起業家の一人である。彼は世界規模のスタートアップを生み出す方法について熱心に学んでおり、それがStartup Weekendの熱烈なファンになった理由でもある。

Lee is one of hard working engineers and entrepreneurs based in Tokyo. He is eager to learn how to build a worldwide startup. That is why he becomes one of biggest fan of Startup Weekend.

Upcoming Events